・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年05月13日

花山院菩提寺


西国三十三番札所めぐりは余すところ番外札所の二ヶ所
その内の一ヶ所はここ尼寺(にんじ)にある花山院菩提寺


yakushidou.JPG


西国三十三番札所の番外札所


yakushi21.JPG

境内にある西国薬師第21番霊場

yakusijizou.JPG

境内には幸福の七地蔵さんが
posted by じいちゃん at 20:16 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所

2012年01月08日

十五番札所今熊野観音寺


西国三十三番札所は第十五番の観音寺

今熊野観音寺00.JPG

今熊野観音寺の参道

今熊野観音寺02.JPG

まず最初に出会うのが子守り大師の像

今熊野観音寺03.JPG

今熊野観音寺の本堂に到着

今熊野観音寺05.JPG

弘法大師自刻の「頭の観音様」

今熊野観音寺06.JPG

今熊野観音寺の医聖堂

今熊野観音寺08.JPG

ぼけ封じの観音様

今熊野観音寺07.JPG

大師堂は七福神の恵比寿神社


posted by じいちゃん at 19:37 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所

2011年11月08日

滋賀県の観音正寺に朱印を求めて


西国三十三所の一つ、観音正寺へお参り

a観音正寺01.JPG

街道からだと一時間以上、で林道を経由で。。。

a観音正寺02.JPG

それでも四百段の石段が待っていました

a観音正寺05.JPG

ここまで来た時は完全に息が上がっていました

a観音正寺09.JPG

やっとの思いでお参り

a観音正寺10.JPG


a観音正寺11.JPG

魚濫観音

a観音正寺12.JPG

えんむすび地蔵尊

a観音正寺15.JPG

大仏様

a観音正寺16.JPG

北向地蔵尊にお参りして終了
ここは年寄りにはちょっぴりきつい



posted by じいちゃん at 22:31 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所

2011年07月01日

琵琶湖は湖北宝厳寺


炎天下に札所めぐり、場所は竹生島

tikubu02.JPG

今津港から船に揺られて竹生島へ到着

tikubu01.JPG

竹生島は桟橋付近以外は切り立った島

tikubu03.JPG

やっと上陸、ただし物凄く暑い

tikubu04.JPG

さあ出発

tikubu045.JPG

石段を見るとやや戦意喪失?

tikubu05.JPG

宝厳寺に到着、ここは弁財天を祀る

tikubu06.JPG

お参りをしてちょっと一服

tikubu07.JPG

本堂横に祀られていました不動尊

tikubu08.JPG

モチの木の大木

tikubu09.JPG

宝厳寺の三重塔は落雷で消失し再建された物

tikubu10.JPG

観音堂の唐門は桃山時代で国宝でした

tikubu12.JPG

唐門の内部、奥には観音堂があり
ただし内部撮影が禁止

お参りを済ませて都久夫須麻神社へ



posted by じいちゃん at 12:22 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所

2010年06月11日

第二十九番の札所

天気もよし予定もなしで若狭の青葉山松尾寺へお参りに

2010_0611201006100041.JPGa.JPG

青葉山の中腹にある松尾寺は創建1300年の寺院です

2010_0611201006100034.JPGa.JPG

本当に静かの一言

2010_0611201006100032.JPGa.JPG

松尾寺の本堂

2010_0611201006100030.JPGa.JPG

ご本尊は恐ろしい形相の馬頭観世音菩薩
慈悲の方便として怒りや力の面がある

帰路で歩いて来られる夫婦に出会いびっくり。。。
posted by じいちゃん at 14:46 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所

2010年05月06日

札所めぐり再開

滋賀県は岩間寺へ
IMG_0002.jpg
岩間寺の観音様は雷除けの観音様
諸々の災難よけの観音様として親しまれています
20100505 007.JPG
展望は春がすみ
20100505 005.JPG
太子堂
20100505 001.JPG
岩間寺の本堂。。。ボケ封じが気になりました


posted by じいちゃん at 18:59 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三番札所
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・